トー横巡回の実施

2021年12月16日(木)19時より連日報道されている「トー横問題」の実情を知るための巡回活動を行いました。

巡回活動の前に、新宿区にあるボウリング場「コパボウル」でのCSR自販機の設置状況を拝見いたしました。「コパボウル」は株式会社ヒューマックスエンタテイメント様が運営するアミューズメント施設の1つで、当該活動に賛同頂き設置に至りました。
年間多くの若者が訪れるコパボウルでは自販機の利用者も非常に多いとの事で、フロアにある全ての自販機をCSR自販機にしていただきました。
その後意見交換を行い、新宿の若者の現状や悩みを抱え居場所を無くした子ども達を救う為にどのように働きかけたらよいかなどお話をさせていただきました。

 

19時半頃よりトー横界隈の巡回を開始したところ、警察の一斉取り締まりの効果もあってか子ども達の数はわずかでしたが、放置されたゴミの中には市販薬の瓶が転がっているなど、現状にもがき苦しむ子ども達が居場所を求めて訪れていた痕跡が残されていました。

巡回中に1人の若者から話を聞いたところ、家での居心地が悪く、トー横を訪れては同じような境遇の友人を作り宿泊させてもらい、自宅にはほとんど帰っていない事などの現状を知ることができました。私服警官や警備の方々も積極的に子ども達に声をかける姿が目立ちました。

ご参加頂いた方々に現実を見て頂くことで、地域や行政への働きかけ、子ども達との関わり方などをより深く考えるキッカケになったのではないでしょうか。

当協会でも引き続き連携及び協力して参ります。


●参加団体
新宿区議会
若手市議の会
株式会社ヒューマックスエンタテイメント
NPO法人若者メンタルサポート協会

 

コパボウルプレスリリース